酸性の縮毛矯正とは??徹底解説します!

まとめ

こんにちは!オノです。

今回は、今話題の

酸性縮毛矯正(酸性ストレート)についての解説です♪

自分も酸性の縮毛矯正を取り入れてサロンワークしています。

 

酸性の縮毛矯正とは?

酸性縮毛矯正とは、酸性の薬剤を使用して施術する縮毛矯正です。

これまでの縮毛矯正はアルカリ性の薬剤が主流となっていて、カラーやパーマの薬剤もアルカリ性のものが多いです。

一方、髪は弱酸性です。

なので、薬剤に入っているアルカリ剤が髪に負担がかけてしまい、髪のダメージになっていました。特に縮毛矯正やブリーチなどはアルカリ剤が強いものが多く、髪に大きい負担を強いる施術でした。

酸性縮毛矯正は、酸性の薬剤を使用することで髪の負担をより最小限に抑えつつ、癖のある髪もしっかりストレートヘアにすることが可能です。

 

 

酸性縮毛矯正はこんな方にオススメ

なるべく髪にダメージなくストレートにしたい方

アルカリ剤は髪に負担がかかりダメージにつながる薬剤です。髪のダメージを気にされている方は、酸性の縮毛矯正での施術をオススメします。

ただ、酸性の縮毛矯正はまだ新しい技術で、全ての美容室や美容師ができるわけではありません。美容師にも得意不得意がありますので、酸性縮毛矯正の施術が可能で経験や技術力のある美容師に担当してもうらうようにしましょう。

髪がダメージしやすい、傷んでいる方

もともと髪がパサつきやすかったり枝毛ができやすかったり、ダメージしやすい方っていると思います。またこれまでのカラーや日頃のヘアアイロンでのスタイリング等によって、すでに髪の痛みが気になっている場合、縮毛矯正したいけど、すると髪がひどく傷んでしまうんじゃないかと心配な方。

そんな方は酸性縮毛矯正の方が良いですね。

特に頻繁にヘアアイロンでスタイリングしている方は、酸性縮毛矯正をかけた方が髪のダメージを少なくなり、日々のスタイリングも楽になる場合が多いです。

自然に柔らかくストレートヘアにしたい方

今まではアルカリの縮毛矯正をやっていたけど、まっすぐ過ぎたり髪が固い質感になるのが嫌だったという方いると思います。

施術で過度に強いアルカリ剤を使用したり、アイロンの熱が強すぎて髪が炭化してしまったかもしれません。

そんな場合は、酸性縮毛矯正の方が髪に負担を少なく施術できるので、自然に柔らかい仕上がりにすることが可能です。

 

※酸性縮毛矯正も髪のダメージがゼロではなく、美容師さんの経験や技術力次第な部分が大きい施術です。また髪の状態によっては、アルカリ剤の入った縮毛矯正の方が髪が綺麗になる場合もございます。担当の美容師さんとご相談の上でベストな施術を決めましょう。

 

 

酸性縮毛矯正のメリットデメリット

メリット

・髪への負担を抑えやすい

・柔らかい自然な仕上がりになりやすい

・カラーをしている髪に悪影響を与えにくい

・ブリーチ毛やダメージ毛でも施術可能な場合がある

デメリット

・アルカリの縮毛矯正より施術に時間がかかる

・美容師の技術力によって仕上がりが左右されやすい

・ハイダメージ毛にはできない場合もある

 

酸性縮毛矯正はメリットが多いですが、デメリットももちろんあります。

新しい技術でまだまだ発展途上ですが、酸性縮毛矯正によってお客様一人一人により最適な方法で施術することができるようになりました。

全てにおいて言えることですが、髪の状態に合った施術をすることがベストかと思います。

 

 

実際のお客様 Before&After

左側 Before

カラーは定期的にしていて、ハイライトが数回入っている状態

髪が広がってしまうので、基本毎日ヘアアイロンでスタイリングしているそうです。

右側 After

酸性で縮毛矯正をかけて、カラーまで施術した仕上がりです。

収まりとツヤがでて自然なストレートになりました♪

 

 

最後に

酸性の縮毛矯正をすることでより髪を綺麗になり、日々のスタイリングを楽にすることができます。今まで縮毛矯正をかけていた方もかけていなかった方も、髪質にお悩みの場合は酸性縮毛矯正が最適かもしれません。

髪質改善したい方にもオススメです〜

お気軽にご相談ください♪

 

酸性縮毛矯正【酸性ストレート】Q&A

小野 和摩

3,063 views

茨城県つくば市で活動するフリーランス美容師。弱酸性の自然なストレートとコテ巻き風パーマが得意です。定期的にヘアメイクと撮影も行っています♪

プロフィール

関連記事一覧