髪色は【フルオーダーメイド】というこだわり♪

ヘア

こんにちは!おのです。

 

今回はカラーリングのこだわりや似合わせのポイントについて。

 

 

カラー剤のこだわり

最近のカラーリングでは〇〇カラーといった、トレンドに合わせてカラー剤自体がブランド化されたものが注目されていますね。

・イルミナカラー

・スロウカラー

・アディクシーカラー

等、、、

「イルミナって何ですか??」とかお客様から聞かれることも多いのですが、

こういった〇〇カラーというカラー剤の特徴は、ブリーチをしなくても流行りの透明感のある仕上がりに染まりやすいものが多いです。

 

ただ、今は僕はそういったカラー剤は使用していません。

 

イルミナカラーなどもそれ以外のものも、メリットとデメリットが必ず両方あります。

イルミナカラーなどは通常のカラー剤よりも色味をキレイにだせる半面、髪の色素を削る力が強いので正しく使わないと髪が痛みやすいです。

僕はよりダメージレスにこだわっていきたいので、何より髪と頭皮に低刺激。かつ、色味の彩度と明度のバリエーションが多いタイプのカラー剤を主に使用していて、透明感を出したい時などは複数の種類のカラー剤をブレンドして透明感が出るように調整しています。

色味のコントロールダメージのコントロールを両方しながらのカラーリングです。

カラー剤がいい悪いというよりかは使い方が重要ですね。

カラーリングはどのカラー剤を使うかより、どう使うかだと思っているので、お客様のご希望と髪の状態に合わせてコントロールしやすいカラー剤を使用しています。

 

 

カラーの似合わせ

例えばお客様のご希望のカラーリングが「アッシュ」だったとします。

こういった場合、アッシュのカラー剤で明るさを決めて染めるのが一般的なのですが、

アッシュにも濃さがあり、また青系のアッシュもあれば、緑系のアッシュ等、種類が様々です。

根本、中間、毛先の髪の状態によっても染まり具合が変わってきます。

そこに、好みや肌の色、メイク、ファッション等の要素によってニュアンスも変わります。

単純にアッシュにしたい場合でも、染め方や似合わせ方は全員違ってきます。

 

なので、僕の場合は

・髪の根本から毛先までの状態(履歴、ダメージレベル)

・肌の色(イエローベースorブルーベース)

・髪質

等を考慮して、

 

お客様の希望色にプラスで

アッシュ(希望色)+α(アクセント色)

をブレンドします♪

2〜3色を使用してカラーリングしていくことが多いです。

配合次第で透明感を出すことも可能です。

 

これがフルオーダーメイドで施術するカラーリングの考え方。

 

そこには色相や彩度、明度という基本があり、パーソナルカラーという似合わせ方があったりもします。

極論、同じカラー剤を使ったとしても全員同じ色にはなりません。だからこそ様々な要素にこだわり、その時のベストな仕上がりになるようにカラーリングしています。

 

 

最後に

最新の良いカラー剤で染めるというだけではなく、カラーは染め方次第でお客様の魅力をより引き出すことができます。

流行りを取り入れるのも良し。

ご自分に似合わせるのも良し。

 

気軽にご相談ください~♪

小野 和摩

1,578 views

「綺麗な髪」をデザインする美容師。茨城県つくば市学園の森にある美容室Chill-husでフリーランスとして活動中。完全マンツーマンで丁寧に施術させて頂きます...

プロフィール

関連記事一覧